青森県保護司会連合会は,地域社会の一員として、犯罪や非行をした人の立ち直りを支援します

「社会を明るくする運動」への賛同を示す身近な協力のしるしとして平成22年に長崎県で生まれたものです。更生保護のシンボルマークであるヒマワリの黄色と、刑期を終え出所した男性をあたたかく迎える夫婦愛を描いた映画「幸福の黄色いハンカチ」(昭和52年、山田洋次監督)から着想を得ており、犯罪のない幸福な社会を願うシンボルマークとして使用しています。

私たちは、地域社会の一員として、犯罪や非行をした人の立ち直りを支援します

青森地区保護司会

弘前地区保護司会

八戸地区保護司会

南黒地区保護司会

河南地区保護司会

五所川原地区保護司会

つがる地区保護司会

鰺ヶ沢地区保護司会

上十三地区保護司会

野辺地地区保護司会

むつ下北地区保護司会

青森県更生保護ネットワークHOME



第40回 青森県更生保護大会
と き 平成30年11月20日(火)
    受付 11時30分〜
    開会 12時25分
ところ 藤崎町文化センター 大ホール

〉〉詳しくはこちら

青少年のインターネットの利用が急速に拡大している一方、その利用は様々な危険と隣り合わせです。青少年を守るために、内閣府をはじめ関係省庁や団体では普及啓発リーフレット等を作成しています。
◎ネットの危険からお子様を守るために今、保護者ができること

内閣府作成リーフレットサイト
http://www8.cao.go.jp/youth/kankyou/internet_use/leaflet.html

〉〉平成29年のニュースはこちら