「社会を明るくする運動」への賛同を示す身近な協力のしるしとして平成22年に長崎県で生まれたものです。更生保護のシンボルマークであるヒマワリの黄色と、刑期を終え出所した男性をあたたかく迎える夫婦愛を描いた映画「幸福の黄色いハンカチ」(昭和52年、山田洋次監督)から着想を得ており、犯罪のない幸福な社会を願うシンボルマークとして使用しています。

私たちは、地域社会の一員として、犯罪や非行をした人の立ち直りを支援します